「水と踊りの城下町」として、季節を問わず観光客から人気を集める郡上八幡。

 

今日はあいにくの雨模様だけど、名水百選の第1号に指定された「宗祇水」には多くの人が訪れている。

一眼レフを持って、真剣に写真を撮る人の姿も。

その祠すぐそばにある「お抹茶処 宗祇庵」

古民家をリノベーションし、2017年の春にオープンした話題の和カフェ。

入口に入る直前、ちょっと目線を左に向けると…。

宗祇水に降りて行ける階段が!すごく貴重なロケーションに期待も高まる。

お店へ階段をゆっくり上がると、まるで老舗のお店のような風格。

「宗祇水」を眼下に望めるお座敷へ。

かすかに漂うお茶の香りが、なんとも心地よい。

茶香炉が置いてあったのね。いい香り!

さて、メニューを拝見しつつ、実はすでに心は決まっているのです!

Instagramで何度も目にしたスペシャルなパフェ。

郡上踊りのシルエットがあしらわれて、見ているだけで心躍る「宗祇庵パフェ」を食べるために、足を運んだと言っても過言ではない。

むむむ。水まんじゅうもカワイイなぁ。

珍しい岐阜県産のお抹茶も、ぜひ味わいたい。

オーダーを済ませ、何気なく窓の外を覗き込む。

美しく整えられたお庭は、先ほどまでの雨でしっとり。

苔が輝いていて「雨のお出かけもいいものね」なんて、珍しいことを思ったり。

センスのいい床の間のしつらえ、照明の使い方、空間の取り方。

どこをとってもやりすぎることなく、自然体で美しい。

半個室、椅子席のスペースもあるのね。

大正ロマンを思わせるインテリアも、またステキ。

席に戻り、のんびりくつろいでいると、まずは岐阜県発祥の夏の銘菓「水ようかん」が登場。

きな粉が配されたお皿の真ん中に、つやつやぷるるん。

さっそく黒文字を持って…。

意外にしっかりとした弾力。

こしあんの滑らかさと優しい甘みが、とっても上品。

2口目は、「水まんじゅう」にきな粉をつけて頂いてみる。普通は、きな粉ってつけないよね?岐阜の人にとっては、よくあることなのかしら?私は初めて…。

…おいしい!少し香ばしさが加わって、瑞々しさが際立った気がする。

食べ終わったタイミングで、「宗祇庵パフェ」が到着!

想像通りだけど、「うわぁ♪」と言ってしまう。

抹茶アートもステキだけど、きらきらゼリーが美しい。

お抹茶を頂いて、口の中を改める。

苦みの少ないまろやかな味で、とっても飲みやすい。

量もたっぷりなのが、嬉しい限り。

えへへ。こういう演出って、嬉しいのよね。

「うわぁー。もったいない!」とか言うくせに、早く食べたくて仕方ない。

表面の濃厚生クリームは、ミルキーでまったり甘い。

白玉団子やあんこ、濃厚な抹茶アイス、抹茶プリンなど、内容盛りだくさん。

特に、爽やかなほうじ茶ゼリーが、全体の甘さを緩和。

しっかり甘いけど、最後までおいしく頂けるのが、人気の秘密かな。

この立地、この建物、この景色。

それだけでも贅沢なのに、見た目もかわいいスイーツを、ゆっくり味わえるなんて。

これ以上の喜びはないわね。

季節限定の甘味も登場するようなので、引き続きチェックしないと!

ふぅ。おいしかった。極楽。極楽。

今回は観光途中に立ち寄ったのだけど、本当はゆったりのんびり過ごせると、もっといいのかもね。

大人だけの特別な空間、とってもおすすめです!

お店の基本情報(更新日2018年9月)
店  名:お抹茶処 宗祇庵(そうぎあん)
住  所:岐阜県郡上市八幡町本町862-10
電  話:0575-67-9201
営業時間:11:00~17:00(L.O.16:30)
定休日 :水曜定休(12~2月は火・水曜定休)
駐車場 :無し
その他 :未就学児不可
URL:https://sougian.jp
郡上市の関連記事
  • みのばんば 清流の里しろとり店|通販でも人気のシュークリームが食べ放題?
  • さんたべーる|泊まれるカフェ?郡上で楽しむイタリアン
  • ラシェーズ|草原カフェで、陽光きらきらチーズケーキ
  • 郡上いこいcafeとも家|たい焼きパフェに子どももメロメロ♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします