国道19号線から外れて、ちょっと細い道を走ること数分。

「雑貨屋さん?カフェ?」と、思わず覗きたくなる可愛いお店「カフェななつき」

ランチライムを少し過ぎた午後1時頃。

のんびりと優しい時間が流れる店内では、オーナーの奥さまが編み物をしている。

ソファでくつろぐグループも、食後のお茶を楽しんでいる様子。

レトロなラウンジチェアに座って、メニューをぱらぱらとめくる。

身体に良さそうなランチや、自家製の酵素ドリンクなど、雰囲気を裏切らない魅力的なメニューの数々。

入り口付近にディスプレイされていた小さな焼き菓子を頂くこともできるよう。

「今日のお菓子は自家製プリンです」ということで、「コーヒーとお菓子」をオーダー。

コーヒーの種類も選べるようだったけど、まずはオススメの「ななつきブレンド」を選択。

大きめのプリンとナッツの入ったビスコッティ、ほっこり丸いスノーボール。

カップのデザインも可愛い!

持ち上げると、ソーサーに青い蝶々♪

コーヒーの香りを楽しみ、一口頂く。

まろやかだけど、苦味も感じる大人味。

そして。黄色く輝く満月のようなプリンに手を伸ばす。

卵黄のコクが楽しめる素朴で懐かしい甘さ。

こういうお菓子を、息子のおやつに作って上げられる母になりたかったなぁ…と、遠い目。

さらに、甘さ控えめのビスコッティは、ざくざく歯ざわりが心地よい。

コーヒーに浸しても、ちゃんとビスコッティの良さが残る。

見た目は地味だけど…これはお気に入り決定!

反対に、見た目も可愛いスノーボールは、

しっかり甘くてホロホロほどける。

あぁ。のんびり…したい。したかった。

息子の下校時間が迫ってきている。

仕方なく、洗面所へ向かうと…

建物自体は本当にレトロ、古いから、「ちょっとどうかなぁ?」なんて思って、扉をあけたのだけど。

奥さまの心遣いとセンスによって、古さが逆にいい雰囲気に仕上がっている。

ワークショップも開催している同カフェらしく、手作り石鹸のおもてなしも。

「カフェで使う食器も、こだわって買い集めたんです」と話す奥さまは、とにかく手仕事が好きな様子。

店内で販売しているアイテムも、ほとんどが奥さまの手作りなんだそう。

ちなみに、同カフェは「わいわい長屋」と呼ばれる建物の1階。

他にも、雑貨屋さんや工房、レンタルスペースもあるんだそう。

まずはHPをチェックしないとね!

可愛いもの好きの女子なら、きっと通いたくなる。

多治見駅北口から徒歩10分ほど、

「カフェななつき」にぜひお邪魔してみて。

お店の基本情報(更新日2017年10月)
店  名:カフェななつき
住  所:岐阜県多治見市上野町1-97
電  話:非公開
※問合せは下記HPより
営業時間:11:00~17:00
定休日 :月・火曜定休
※月・火曜は完全予約制にて営業
駐車場 :有り(4台)
※URL:http://cafenanatuki.seesaa.net/
多治見市の関連記事
  • カフェななつき|身体にも心にも優しい手作りカフェ
  • カフェ ザッカ ヒナタボッコ|多治見で噂のインスタ映えスポットに潜入!
  • シェ・シバタ 多治見店|世界で輝く宝石のようなケーキ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします