国道21号線、岐大バイパスのすぐ脇の細い道路を走っていると…。

なにかのお店?ちょっとステキな雰囲気じゃない?

Lycka…リッカ?なんだろう?ショップかな?

気になった時は、突撃が信条。

建物の奥が駐車場らしく、お客さんらしき車が数台。

個人のお宅だったら…と不安に思いつつも、目を凝らす。

美容院?いや、カフェだ!

昭和ノスタルジーな雰囲気を感じつつ、雨上がりのお庭を通過。

入口を探して進むと…。

ウエルカムな感じだし、入ってみよう!

雑貨屋さんかな?

ドアを開けると、優しい雰囲気の女性が笑顔で出迎えてくださった。

「雑貨屋さんですか?」と尋ねると、「北欧雑貨を扱っています。どうぞご自由にご覧くださいね。お茶を飲んでいただくこともできますよ」とのこと。

ナチュラルなアイテムの数々。

テーブルウエアやキャンドルなど。

スカンジナビアンなデザインの良さは、ご存知の通り。

バスケットの種類は、一見の価値あり。

小さなお店だけど、けっこうな見ごたえ。

「ほーぅ」といろいろ見ながらも、店内に漂うシナモンの香り。

カウンターを見ると…!

カフェ利用の先客お嬢さんのもとに運ばれていったシナモンロール。

私もティータイムにしようかなぁ。

この甘い香りにあらがえない。

日常の慌ただしさを忘れられる特別な空間。

「とりあえずビール!」ではなく、「とりあえずシナモンロール!」と言いなくなるのをぐっと我慢して、マダムっぽくオーダーしようっと。

他にもおいしそうなスイーツがいろいろ。

Vanil jhjartan…ヴァニリ・ヤッタン。無条件にカワイイ。

マダムはきっと欲張らないのでしょうけど…。

へへへ。どうしても食べたかったんだもの。

パールシュガーがコロコロとかわいいシナモンロールは、スパイスがたっぷり。

チェーン店で食べる甘ったるいものとは違って、シナモンやカルダモンの香りが心も身体も温める。

これで…150円って、ちょっとお値打ち過ぎない?

コーヒーはまろやかで、春の冷たい雨の後に嬉しい味わい。

バニラハートは…クッキー生地って書いてあったっけ?

サクッとシットリの間くらい?

しっかりカスタードクリームが詰まっている。

バニラの香りと卵のまろやかさ。

シンプルな材料で作られたと思われる素直な味わい。

懐かしいような、逆に新しいような、ほっこりとしたスイーツ。

そして、オーナーと思われる女性の醸し出す雰囲気が、この空間の心地よさを引き立てる。

出しゃばらないけど、一つひとつを大切にしてみえるというか…。

北欧好きが高じて独学でお菓子作りを学ばれたんだそう。

「お菓子作りのコツはありますか?」と伺ったら、「丁寧に作ることですかね?」とニッコリ。

キッチン奥のお部屋は、レンタルスペースなんですって。

ホームページをチェックすると、いろいろ魅力的なレッスンやイベントを開催しているよう。

すべてお一人でなさっているそうで、営業も平日のみ。

今日、たまたまお邪魔できたのは、かなりラッキーなことだったみたい。

お土産も買っちゃいました。おやつの時間に、息子と一緒に食べようっと!

本当は秘密にしたい特別な空間「Lycka」。

大垣にある北欧の一軒家は、静かな時間を過ごしたい大人の女性にこそ訪れてほしいな。っと思いました。

お店の基本情報(更新日2019年4月)
店  名:Lycka(リッカ)
住  所:岐阜県大垣市木呂町187
電  話:0584-71-6200
営業時間:10:00~16:00
定休日 :日・月・祝日 定休(金・土曜日は不定休)
駐車場 :有り(敷地内 8台)
その他 :https://lycka-hp.jimdo.com/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします