飛騨高山の古い町並みにある人気カフェ「喫茶去かつて」

抹茶、わらびもち の他、あまがさね という和風パフェが有名なお店。

インスタグラムでもよく見かけるし…、「食べてみたいね」と息子と、お店を訊ねてみることに。

古い建物を残しつつリノベーションされた端正なインテリア。

歴史を感じる高山格子から、柔らかな陽光が射し込む。

煤を混ぜたベンガラで塗装された深見のある色合いの木材と、白く塗られた壁のコントラストが美しい。

せっかくなので2階に上がらせて頂く。

メニューを見ると…なになに?

ソーダ水のジュレに甘酒?塩せんべい?

白いパフェ「雪どけ」

気になる…。

うん!これにしよう!

白い♪ 真っ白♪

雪どけだから、スプーンがスコップ!

まずは、そのまま一口。

ソーダ水のジュレと生クリームで、やんわり柔らか。

甘酒を少し加えれば、よりまろやか。

塩せんべいに生クリームと、少し顔を出したバニラアイスを乗せて、パクリ。

おいしい!塩っぱさと甘み、どちらも優しい。

甘酒をプラスして、器の奥をほじると…

少ししっとりした塩せんべいと小豆がたっぷり。

えっ!?! 横で食べている息子を見ると、甘酒の小さな器をお猪口みたいに持って、グイっと飲み干している。

…アルコール?大丈夫だっけ?!と、スタッフに確認したところ、「米麹を使った甘酒なので、お子さまも大丈夫ですよ」とのこと。

ふぅ。びっくりした。そうよね。

それにしても、塩せんべいとバニラアイスが、こんなにおいしいのかぁ。うんうん。

これも飛騨高山ならではの味覚よね。

他のお客さまが帰られて、店内が落ち着いたので、ちょっと質問。

「喫茶去って、どういう意味ですか?」

「禅語の言葉みたいですよ。もとは叱咤するような意味で、…お茶でも飲んで去りなさいということらしいですけど。今は、お茶でも召し上がれという意味で使われているそうです」。

「禅語ですか。茶席の雰囲気、ありますもんね。店内、とってもおしゃれですよね?」

「渡辺デザイン事務所の代表がオーナーで、多くのグラフィックデザインを手がけています」

「古い高山の町屋の雰囲気を残しながら、それに合うように設計したらしいです」と、丁寧に教えてくださった。なるほどぉ!納得!

繁忙期には、こんな話をのんびりしている余裕なんてないんでしょうけど。

人気カフェだからといって、ツンとした接客じゃなく、建物同様に懐かしい気持ちになれるノスタルジーなひととき。

どうもご馳走さまでした。

また、お邪魔しますね。

 お店の基本情報(更新日2017年10月)
店  名:喫茶去かつて
住  所:岐阜県高山市上三之町92
電  話:0577-34-1511
営業時間:10:00~17:00
定休日 :水曜日
駐車場 :なし
URL:http://www.wdo-kao.jp/
高山市の関連記事
  • 喫茶去かつて|飛騨高山、古い町並みで頂く「白いパフェ」
  • CENTER4 HAMBURGERS|外国人の来店も多い人気のハンバーガーショップ
  • カフェ青|観光地高山の癒し処
  • マックカフェ高山駅西店|岐阜県で唯一!バリスタのいるマクドナルド

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします