今話題の恵那市岩村町「ふくろう商店街」。

観光客の喧騒から車で5分程、国道363号添いに見つけた「岩村茶寮」の看板。

小道をゆっくり直進すると。

木立の中に佇む端正な喫茶店が見えてくる。

駐車場に車を停めて、お店へ。

古民家風な建物に、期待が高まる。

ドアを開けると、いきなりマスターの姿。

「おや。いらっしゃいませ!今ね、レコードをかけてるんですよ。古いもんだからコツがいるんだよね。お好きなテーブルにどうぞ!」と人懐っこい笑顔で迎えてくださる。

カウンター席と、広々としたテーブル席。

「今日は天気が悪いから、申し訳ないね。晴れていると恵那の山並みがくっきり見えるんんだけどね」とマスター。

続いて優しそうな奥様が「いらっしゃいませ」とお水とおしぼりを出してくださった。

もうこの空気感だけで、いいお店って分かる。

「ちょうど今、ランチのお客様が一段落したところですので、ゆっくりくつろいで行ってくださいね」と奥様。

こういう一言が、流行りのカフェとは違う魅力よね。

テーブルに置かれた骨董の墨引きも、この空間によく合う。

なつかしいメニュー表を眺めつつ、のんびりコーヒーが飲みたい気分。カウンターにドリップの用意があったしね。

オーダーを済ませ、店内を拝見させて頂く。

木戸で個室に仕切れるスペースも。

空間にリズムをもたらすこだわりのインテリア。

天皇陛下と皇后美智子様のご成婚記念のお皿?

レコードから流れるレトロなメロディーと調和して、なんとも居心地がいい。

あらら?脱サラして、このお店を始められたのね。

岐阜新聞には、若かりし頃のマスターご夫妻の姿が載っている。

仲睦まじい様子は、ずっと変わらない。

テーブルに戻ると、奥様が運んできてくださった。

密かに入店した時から、カウンター奥に並ぶ多彩なコーヒーカップを見て、「どれを出して頂けるのだろ?」と楽しみしていた私。

とっても上品なラスター彩のコーヒーカップに、なんだか嬉しい気分。大人の女性に見えたかしら?

仕事やら子育てやらで、バタバタ余裕のない毎日を送っているけど。身体がホッとほどけていく気がする。

はぁー。いい香り。まろやかな苦み。

マスターが出て見えたので、「まろやかで優しい味ですね」と言うと、「そう言ってもらえると嬉しいねぇ」とにっこり。

「少しすると予約のお客さんが見えるけど、ゆっくりしてていいからね」と、まるで馴染みのお店にお邪魔しているような快適さ。

何気なくメニューをパラパラめくる。

晴れた日に、恵那山の眺望を楽しみながら、ここでモーニングを頂けたら最高だろうなぁ。

むむ。スパゲッティー…気になるなぁ。

「もうランチは終わっちゃいました?」と聞くと、「お客さんが食べたいとおっしゃるなら…きっかり時間は決まっていませんので、大丈夫ですよ」と奥様。

食べるつもりはなかったのだけど、なんとなく小腹が減った気がする。

「きのこスパゲッティーをお願いしたいんですけど…」と言うと、「はいはーい」と軽快に奥へ。

へへへ。せっかくステキなコーヒーカップをサーブして頂いたのに、食いしん坊がバレちゃうなぁ。

サラダもたっぷり!

きのこの香りとバターしょうゆが利いた、ちょっと太麺のパスタ。

懐かしい昭和のレストランで頂いたような、しっかりした味わい。

ふふふ。注文して良かった!

もくもくと食べてしまって、「すごいお腹すいてたの?」って思われちゃったかも…?

お会計伝票を見ると、さっきのコーヒーはランチの飲み物になってた。感謝。

食後、ご夫妻としばし歓談。脱サラする前は消防署にお勤めだったことなど、おふたりの笑顔につられて話が弾む。

「ついつい長居しちゃったなぁ」と思いかけた瞬間、奥様が「先にコーヒーを召し上がっちゃったでしょ?もし良かったら…」とアップルジュースを出してくださった。

ちょうど喉が乾き始めたので、「いいのかなぁ…」と思いつつお言葉に甘えてしまいました。

恵那には有名店も多いけど、また来たい。

おいしいコーヒーも、懐かしい味のスパゲッティーも魅力だけど。

マスター夫妻に会いに来るだけでも、価値があるね。

ごちそうさまでした!

お店の基本情報(更新日2018年9月)
店  名:岩村茶寮
住  所:岐阜県恵那市岩村町富田864−18
電  話:0573-43-3977
営業時間:9:00~17:00
定休日 :月・火曜日定休
駐車場 :有り
恵那市の関連記事
  • 恵那のピザ屋|家庭的で本格派!ピザがつなぐ笑顔の連鎖
  • かめや菓子舗 カステラcafeカメヤ|老舗のカステラ専門店で味わう素朴な「かすていら」
  • 岩村茶寮|恵那の山並みを一望!とっておきの喫茶店

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします