2018年6月にオープン

ご夫妻で営むパン屋さん【いそぱん】

今回は事前予約をして、行ってきました~

郡上八幡から下呂市に抜け、国道256号線から少し入った道路沿いに看板を発見!!

「お店はどこ!?」なんて思いながら坂道を上がると、縁側に並んだパンを発見(*’▽’)

縁側に外をむいた状態で、手作りのパンが陳列がされています。

並んでいるパンケースも、手作り♪

お天気の良い日は、ベンチで食べる事もできます。

View this post on Instagram

 

いそぱんさん(@isopan0603)がシェアした投稿 -

お店の名前は、店主の名前が(磯村)さんなので【いそぱん】と名付けられたそうですよ。

【いそぱん】のメニュー表です。

【いそぱん】の特徴である自家製酵母、薪窯(まきがま)を最も感じられる【食ぱん】

最近注目されてるが【御塩ぱん】

伊豆島で丹精込めてつくられた"御塩(ごえん)"をまぶしたパンです。

1番人気の【あんぱん】

どれもオススメだけど、お店の名前がついている【いそぱん】が1番食べてもらいたいパンだそうです!!

事前予約した以外にも沢山のパンを購入しちゃいました♪

お家で食べましたが想像以上に、もっちり~!

固いわけではナイけど、重みあり歯ごたえありで、お腹が満たされるパンでした(*´▽`*)

【いそぱん】では薪釜(まきがま)でパンを焼いています!!

約2,000個のレンガを使い、2ヵ月がかりで自作したそうで

/・ω・)/凄~~い!!!

実際に釜を見せてもらえました。

最初は何もわからず、薪に火をつけるのにも一苦労されたそうです…

わぁ♪ 釜の蓋を開けてもらうと、今日焼いたばかりのパンの香りが♪

釜に近づくと温かさが感じれます。

お店は築100年以上の古民家

お水の美味しい和良で空き家探していて見つけたそうです。

そしてココを選んだ理由として

築100年以上、空き家としては3年、4年

そして、お二人が最も気に入ったのが、この太い梁(はり)
天井の低さにして、この梁の太さには私も驚きました

私もビックリ!!

うん、この梁に惚れ込んだ気持ち分かる気がします♪

【いそぱん】のこだわり

  • 自家製酵母
  • 手づくりの薪釜
  • 地元の食材
  • 和良暮らし(田舎暮らし)

パンの生地は、小麦粉、自家製酵母、塩、水のみ使用。

自家製酵母も、フルーツから作り、イーストは不使用です。

酵母は手作りだからこそ、より力も入れてらっしゃいます。

どのパンも高温短時間で焼くので、水分が中にあるのでモチモチ感あるパンに仕上がります!(^^)!

パンの保存方法について聞いてみると

冷凍がオススメ。

食べる時は、常温で戻しトースターで焼くと美味しく頂けるそうです。

View this post on Instagram

 

いそぱんさん(@isopan0603)がシェアした投稿 -

春は朴葉のあんパンが大人気!!

和良に住んでる方から朴葉寿司の話を聞かれたそうで

「じゃあ、これを【あんパン】にもやってみよう!」

と、なったそうです。

「でも香りはどうやって!?」

「焼く前の生地に巻いてしまえば良いのでは?」

View this post on Instagram

 

いそぱんさん(@isopan0603)がシェアした投稿 -

ご夫婦でいろいろ考え、巻いたまま焼くと、生地からさらっと葉っぱもめくれ、見事にあんパンに朴葉の香りがついたそうです。

こうやって、新しい商品って生まれるんですね

(≧▽≦)来年の春が、今から私は待ち遠しくて仕方がありません(笑)

お店の基本情報(更新日2018年12月)
店  名:いそぱん
住  所:岐阜県郡上市和良町土京235-2
電  話:0575-77-2007
営業時間:10:00~18:00(無くなり次第終了)
※事前予約がおすすめ
営業日:木曜日・日曜日
駐車場:有り
寄稿記事を募集しています

当サイト「岐阜カフェ.com」では、寄稿記事を募集しています。

岐阜の素敵なカフェを伝えたい方、カフェ好きな方、ブロガーさん等、ご協力頂けたら嬉しいです(´▽`)

詳しくは下のボタンからどうぞ。