世界で10店舗以上もお店を展開する有名パティシエ 柴田 武さんの出身地は…岐阜県多治見市。

そんな有名な「シェ・シバタ」だけど、地元の多治見市に、今でも本店を置いておいてくれるなんて、ちょっと嬉しい気持ちになるよね。

そんな訳で、名古屋にもお店はあるのだけど、せっかくだから多治見の本店へ。

「うわぁー♪きれい!こんなの選べないよぉ」と
私も心の中で、何度も言っているけど、友だちと来ている女子たちは、全員、同じようなフレーズを繰り返す。

うん。 知ってるのよ。

「シェ・シバタ」のケーキがすごく美しいことも。

見た目はちょっと地味だけど、エクレール・オ・キャラメルが格別であり、シェ・シバタの原点ってことも。

フランス仕込みのクロワッサンがバターの香り豊かで食べ応えがあることも。

それでも「うわぁー♪」って言っちゃうよね。

さんざん迷ったのに…一つに絞れず。

nouveauと札に書いてある新作ケーキを2つチョイス。

本当は全部食べたい。端から端まで!

シンプルで落ちつた雰囲気のカフェスペースに案内される。

飲み物は、FAUCHONのアップルティーをオーダー。

おしゃれなプレートにキラキラ
宝石のようなケーキが乗せられて到着。

まずは、「ミランダ」というピンクのケーキ。

小さなマカロンがくっついてる♪

コンデンスミルクの懐かしい甘さ。

センガセンガナという苺のジュレの甘酸っぱさ。

さっくりとしたタルトにチーズの滑らかさ。

最近多い「甘さ控えめ」タイプじゃなくて、しっかり甘く、でも爽やかさも感じるケーキ。

お次は、マロン、カシスシナモン、プラリネを贅沢にサンド。

ゴールドに輝く「バトン シャテーニュ」だ。

お店からのメッセージとして、
「フォーク・ナイフをお出ししますが、シュークリームやタルト等は手で食べたほうが、美味しく召し上がって頂けます。ケーキのテイストが上下で別かれている場合は上下の関係を崩さないように、一緒に味わってください」
と書いてあり、うん!なるほど!と思って、手で食べようとしたのだけど…

金箔が手にたくさん付着してだけで、どこからかぶりいてよいものやら。

それならば、上からざっくりナイフで切りつつ頂くことに。

サクサクとした食感と落ち着いたマロンの風味。

おいしいなぁ。濃厚な味わいだけど、カシスの酸味が、いい仕事をしている。

アップルティのフルーティーな香りと共に味わう2つのケーキは、まさに至福の味わい。

ちょっとセレブな気分にひたる。

あぁ。ここに並ぶケーキ…全部、制覇したい!と思う。

「次は何にしようかなぁ?」なんて思いを馳せるのも楽しいわ。

 お店の基本情報(更新日2017年10月)
店  名:シェ・シバタ 多治見店
住  所:岐阜県多治見市太平町5-10-3
電  話:0572-24-3030
営業時間:10:00~20:00
モーニングサービスあり。
※内容、時間など未確認
定休日 :火曜定休
駐車場 :あり
※URL:http://chez-shibata.com/
多治見市の関連記事
  • カフェ ザッカ ヒナタボッコ|多治見で噂のインスタ映えスポットに潜入!
  • シェ・シバタ 多治見店|世界で輝く宝石のようなケーキ
  • カフェななつき|身体にも心にも優しい手作りカフェ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします