奥飛騨温泉郷のひとつ、平湯温泉へ息子とドライブ。

平湯バスターミナルを過ぎると、すぐに見えてくるのは、CAFE MUSTACHE(マスタシュ)

店舗前には駐車スペースもある、オシャレな一軒家カフェ。

4月上旬。

日陰には雪が残り、空気はひんやり。

「温泉だって!触っていいよね? …熱っ!」と息子。

63度を温泉卵を作るには、ちょっと低い?にしても、この熱湯が自然に湧いてくるって、考えたらスゴイよねぇ。

黒板には、8:00オープン、食事メニューは11:00からと記載あり。

ちょうどいい時間だし、とにかく入店してみましょう。

お店の中はテーブルとテーブルの間が広く、ゆったり。

入口付近には、コートハンガーと傘立て。

冬場はスキーウエアや大きな防寒具を着たお客さんも多いだろうからね。

テーブル席のほか、一人でも使いやすいカウンター席。

外を眺められる特等席もあるわ!

 

マスターの趣味?ビンテージ風のインテリアがステキ!

外車のミニカーが、ずらりと並ぶ。

 

よく中華街なんかで見かける「倒福」の看板。なのに、なんだかオシャレに見えるね。

コーヒーのいい香りがすると思ったら、サイフォンがポコポコ。

…さぁ!何を頂こうかなぁ。

ドリンクのほかに、日替わりケーキにミニパフェ…。セットだとちょっとお得!

ごはんメニューは…カレー!オムライス!

ハヤシライスやキムチピラフ、塩やきとり丼、ソバめしなど。

ドリンクのほか、スープやアイスもセットにするとお値打ちね。

トーストやサンドウィッチなども充実。

 

うぅ。今日はランチ!と決めていても、デザートも気になる。

小さなサイズのパフェもあったり、ドリンクなパフェなるものも。

誘惑が多いなぁ。おいしそうだなぁ。

「ママ、お昼ごはんだよ!」と息子に言われて、我に返る。

でも、まぁ。お腹ペコペコなので…。

ボリューム満点!「チーズオム・ソーセージカレー」にしました。

サラダもちゃんとついています。

昔なら気にならなかったけど、年齢を重ねるごとに「野菜がない罪悪感」に苛まれるように。

だから、少しでもいいから野菜がついていると有難い。

いざ!いっただきまーす!

上手に写真が撮れなかったのだけど…本当はチーズがとろーり。

炒め玉ねぎの甘みかな?どちらかというとさらっとしたカレーだけど、コクが深い。

スパイスの辛みと、卵とチーズのまろやかさが絶妙!

「ちょっと多い?」と思って食べ始めたけど、ばくばくいける。

息子とシェアしたら、あっと言う間に完食。おいしかった!

お次は…。

「フルーツサンドウィッチ」を半分こ。

店内に置いてある周辺の観光マップや観光案内のカタログなどを見つつ、ゆっくり味わう。

ミカン、桜桃、バナナに、ホイップクリームというシンプルさ。

なんとなくノスタルジーな気分でまったり過ごしていると、常連さんらしきお客さんが入れ替わり立ち替わり来店。

外国人観光客の姿も見える。

少し混んできたので、そろそろ席を立とうかな。

ほどよい距離感の接客に、ボリューム満点でおいしいオムカレー。

シンプルな味わいのフルーツサンド。

和風旅館の多い土地柄だからこそ、こういうカフェは嬉しいね。

雪が降り積もる季節になれば、また雰囲気も一変するんだろう。

「また来ようね」「今度はスキーね」と言いつつ、お店を後にしました。

お店の基本情報(更新日2019年4月)
店  名:CAFE MUSTACHE(マスタシュ)
住  所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯679
電  話:0578-89-3037
営業時間:8:00~21:00(禁煙~16:00)
※季節により変更あり
[モーニング]~10:30
[ごはんもの]~11:00
定休日:不定休
駐車場:有り(5台)
その他:平湯バスセンターから徒歩1分
寄稿記事を募集しています

当サイト「岐阜カフェ.com」では、寄稿記事を募集しています。

岐阜の素敵なカフェを伝えたい方、カフェ好きな方、ブロガーさん等、ご協力頂けたら嬉しいです(´▽`)

詳しくは下のボタンからどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします