笠松町歴史未来館のすぐ近くにある「ブルーリバーカフェ」

こちらのカフェは、かき氷で有名な「茶屋赤鰐」のオーナーのもとで修行をしたフワッフワなかき氷が評判!

「赤鰐のかき氷が、並ばずに食べられる」と、知る人ぞ知る人気カフェなのですが…。

今日の目的は…飛騨牛!

いえいえ。すっごくおいしいと評判のハンバーガーなのです。

レトロポップなインテリア。

奥に広く、のんびり過ごせるソファ席も。

木のぬくもり、こだわりを感じるアイテム、こんな茶目っ気のあるクッションも。

さらにオーナー夫妻の心地よい接客も、同店の人気の秘密。

こちらのオーナーのファンは多く、ロゴを配したアイテムの販売も。

雑誌や書籍も多く、ひとりでも大人数でも思いのままに利用できる。

大きな窓はお店の裏側に面しているので、通りの往来が気にならないのも嬉しい。

さて、メニューを拝見。

むむむ。100%飛騨牛ホーシューバーガー「Daryu」。

これは、ちょっと大きすぎでは…?と思いつつ、ページをめくる。

やっぱり初回は、ベーシックを頂けばいいのかな?

うーん。どうしよう…とページをめくる。

店内で手作りされたライ麦コッペのサンドイッチ。

魅惑的なフレンチトーストも。

かき氷のおいしさは、すでに体感済み。ほんと、オススメです!

とは言え、フレーバーが多いというのが、なんとも罪ねぇ。

…うん!やっぱり基本から。

ホーシューバーガーベーシックにしましょう。

なんでホーシューか?笠松だからよね、きっと。

オーダーを済ませ、店内をうろうろ。

どのお客さんもリラックスした表情なのは、オーナーの趣味や人柄がにじみ出たインテリアと、肩ひじ張らない接客のおかげかな。

何気なく手にした書籍に、「ブルーリバーカフェが載ってる!」と、驚いていると…。

ホーシューバーガーが到着!

ブラックオリーブが馬蹄を思わせるふんわりバンズのハンバーガーに、ピクルスとマッシュポテト、サラダも一緒に。

どれどれ。飛騨牛100%のパティは…肉厚!

これは期待できそうね!

マッシュポテトは、グレイビーソースがかかっているんだそう。

食べなれたマッシュポテトより、リッチな味わい。

では、さっそく!

ライ麦のバンズは、サックリ!

この価格で…この厚みで…本当に飛騨牛?という若干の疑念を抱きつつ…「いっただきまーす!」。

あぁ。これは…おいしぃー!

 

お肉がむぎゅっととってもジューシー。

もぐもぐ夢中。お恥ずかしい程、夢中で頂きました。

 

ブルーリバーカフェは、かき氷のお店なんかじゃない!

ハンバーガーのお店と言うべきだわ!なんて、思いながら完食。

 

ふんわりだけど、食べ応えもあり。

パン単体としてもおいしいけど、パティやソースの邪魔をしない。

「何度も試作したんだろうなぁ」と思わせる完成された味。

途中、マッシュポテトをソースにプラスして頂いてみたら、まろやかで優しい味わいも。うん!満足。満足。

1963年の創業から地元で愛された「アオイキッサ」を、現オーナーが引き継いだとのことで、お客さんは老若男女。

昔からの常連さんと、新し物好きの若者が同居する居心地のいい空間。

ちなみにお店の前の他に、店舗脇の抜けるたところにも駐車場はあります。

都会にあったら行列必至のカフェ。

ぜひ、他のメニューも食べたいな。

ごちそうさまでした!

お店の基本情報(更新日2019年3月)
店  名:ブルーリバーカフェ(Blue River Cafe)
住  所:岐阜県羽島郡笠松町下本町82
電  話:058-387-4534
営業時間:11:00~17:00(L.O.16:30)
定休日:月曜定休 ※臨時休業あり
駐車場:有り(10台 店舗前・店舗奥)
最寄駅:名鉄西笠松駅から徒歩7分
Facebook:https://www.facebook.com/bluerivercafe